研究機能

トラウマ・PTSDなど、こころのケアに関する実践的研究を行っています。

第1部門 災害、事故等、同時に一つの出来事に遭遇した集団を対象に、トラウマ・PTSDが与える影響及びその対応策について研究しています。
第2部門 災害、事故、犯罪被害等、単発的な出来事に遭遇した個人を対象に、トラウマ・PTSDの治療法や対処法について研究しています。
第3部門 児童虐待、DV等、反復性のある出来事に遭遇した個人を対象に、トラウマ・PTSDの治療法や対処法について研究しています。
第4部門 様々なストレスによって生ずる精神疾患の予防等について研究しています。

精神科医や公認心理師等の研究員が、こころのケアに関する実践的研究を行っています。

センター長
Director
加藤 寛(医師)
Hiroshi KATO, M.D. Ph.D.
研究部長
Department Director
亀岡 智美(医師)
Satomi KAMEOKA, M.D.
第1部門
Division 1
須賀 楓介(主任研究員)(医師)
Yousuke SUGA, M.D.Ph.D.
第2部門
Division 2

酒井 佐枝子(研究主幹)
Saeko SAKAI, LP, CCP, Ph.D.

中塚 志麻(主任研究員:非常勤)
Shima NAKATSUKA, SP, Ph.D.

第3部門
Division 3

桃田 茉子(主任研究員:非常勤)
Mako MOMODA, LP, CCP, Ph.D.

西川 昭子(主任研究員:非常勤)
Akiko NISHIKAWA, LP, M.A.

第4部門
Division 4
大澤 智子(上席研究主幹)
Tomoko OSAWA, LP, CCP, Ph.D.

年度完結の「短期研究」と、3年程度の研究期間を設定し長期的な視点に立って行う「長期研究」の2本立てで調査研究を進めています。

短期研究 令和2年度

研究テーマ 概要
問題行動を起こしている発達障害児に対するEMDRによる治療的アプローチの研究 発達障害、特に自閉スペクトラム症を有するものはネガティブなエピソードを体験すると年余にわたるトラウマ体験の固着が生じ、反復性に想起されやすいことが報告されている。発達障害とトラウマの相互的関連に着目することは重要である。本研究では、トラウマ体験をもつ発達障害者に対するEMDRに関する国内の先行研究についての文献的考察を行うことで、トラウマ体験に端を発する問題行動のある発達障害児に対する治療的アプローチを探索する。
感染症パンデミック時のこころのケアのあり方に関する研究 新型コロナウイルス(COVID-19)に限らず、未知の感染症が蔓延すると、さまざまなメンタルヘルス上の問題が生じる。しかし、多くの経験の蓄積から支援方法についてコンセンサスが得られているが、感染症蔓延時の対策については、未知の部分が多い。本研究では、感染症のもたらす心理的影響とその対策について、さまざまな資料と精神医学、心理学、感染症学などの専門家との議論をとおして分析し、活動のガイドラインを作成する。
PTSD症状を呈する対象者の睡眠習慣と実行機能の関連に関する研究 PTSDに伴う睡眠障害は、対象者の睡眠習慣を含めた包括的評価がほとんど行われていない。また、PTSD患者の実行機能は、健常者と比較して機能低下が認められている。この睡眠障害や実行機能障害は、それ自体が精神的健康に影響を及ぼすが、それらの関連についての調査は多くなされていない。そのため本研究では、PTSD患者の睡眠習慣と実行機能の関連について検討することを目的とする。
発達障害等のある人の不登校や引きこもりの実態に関する研究 学校においては発達障害等教育上特別の支援を必要とする児童生徒に対する校内支援体制の整備や,認め合い,支え合う学級づくりが進められている。一方,発達障害等のある児童生徒の不登校や引きこもりは増加しており,その改善や予防のために,問題の表面化に至る背景や経過,対応や予防についての実態の把握が必要とされている。そこで,本件に関連する国内の論文を収集・レビューし,当該児童生徒らに対応する教職員が理解を深めるための資料とする。

長期研究 令和元年度~令和3年度

研究テーマ 概要
大規模災害の被災者を対象とした包括的心理社会状況評価ツールの開発に関する研究 初年度、被災者の抱える心理社会的な問題やニーズを評価するために調査票の原案を作成する中で、成人用および子ども用の、DSM-5に準拠した簡便なスクリーニングツールが標準化されていないことが明らかになり、また、PTSD診断面接のゴールドスタンダードであるCAPS-5の標準化作業が完了していないことが明らかになった。そこで、今年度からはこころのケアセンターに通院中の患者を対象にCAPS-5の標準化を試みる。
トラウマインフォームドケアの普及に関する研究
※1
トラウマが及ぼす影響は、当事者のみならず、当事者を取り巻く家族や地域社会に加えて、当事者を支援する支援者や支援組織にも及ぶ。したがって、公衆衛生的視点からトラウマへの理解を深め、それぞれの立場に応じたトラウマの理解と対応をする上で、共通の知識基盤を持つための土壌を構築していくことが求められる。本研究では、子どもの生活する環境全体へのトラウマインフォームドケア普及に求められる視点を提言することを目指す。
災害救援組織に対する外部支援のあり方に関する研究 地域の専門組織や支援者が災害救援組織と平時や有事を問わず連携を取れるようになるためのシステム作りを目指す本研究(3年)は、初年度、過去に提供された支援活動を文献レビューし現状の概観と課題の同定を行った。2年目にあたる今年度は、現場の災害救援者が外部支援組織および支援者に望む支援のあり方を明確にするためにアンケート調査を行い、災害救援者に支援を提供したことがない専門職が参照できる資料とする。

※1は令和2年度~令和4年度

過去の研究テーマはこちら